むくみ解消にはリンパマッサージがオススメ!

 

 

顔がむくんでいる時には、「リンパマッサージ」が効果的です。

 

むくみは、血液中の水分が血管やリンパ管の外に漏れ出し、

体内の水分が増えて皮膚の下にたまるので起こります。

マッサージで血行を良くしてあげましょう。

 

リンパマッサージは体内の余分な水分や

老廃物の排出を促進してくれるので、

リンパの流れがよくなってむくみが解消されます。

 

また表情筋のコリもほぐしてくれます。

ただ、間違った方法で行うと逆効果になってしまうので、

リンパマッサージを行うときは

正しいやり方でやるようにしましょう。

 

自己流にアレンジするのはやめましょう。

毎日1セットでも良いので続ける事が重要です。

お風呂の時に湯舟の中でやるのも体が温まっているので効果的です。

 

ほうれい線に効果的なリンパマッサージ

ほうれい線に効果的なリンパマッサージは、

顔に溜まったリンパ液をリンパの出口とも言われる鎖骨まで

流す必要があります。

 

顔の場合は、リンパ節のある鎖骨までの通り道の

首と肩もマッサージする必要があります。

鎖骨から初めて鎖骨で終わるという感じです。

やり方はとても簡単ですよ。

 

リンパマッサージを行う前に気をつける事があります。

リンパマッサージは手を使ってリンパを押したり、

さすったりしてマッサージします。

その際に力強くしてしまうと

皮膚を傷つけてしまう恐れがあります。

 

リンパマッサージのやり方

ほうれい線を予防するためのリンパマッサージの箇所は、

顔・頬・口元周辺・首・肩・鎖骨です。

リンパ液を流し、血流を良くする事に効果を発揮します。

 

基本的には2本~4本の指の腹を使います。

人差し指と中指と薬指と小指ですが、

2本の方がやりやすい方は2本指でも大丈夫です。

 

『グリグリと指で円を描くマッサージ方法』左右両方同時に行います。

①『こめかみ』

両こめかみに指を置き、グリグリと円を描くように

少し押さえながらマッサージします(10回)

 

②『耳の前』

耳の前に少し押さえると

気持ち良い場所があると思います。

そこを指でグリグリとマッサージします(10回)

 

③『耳の下辺り』

唇の端を外側に延長した耳の下辺りの場所を

同じように指でグリグリマッサージします(10回)

 

『指の腹でリンパを流すマッサージ方法』

左右両方同時に行います。

 

④眉の間の鼻筋に、右と左の人差し指の腹を置き、

上から下に指をおろします(10回)※下から上には絶対しないように!

 

⑤鼻の横の頬骨の上を、横に外側の耳のリンパ筋に向け

指の腹でマッサージします(10回)

小鼻の横も同じように耳のリンパ筋までマッサージします(10回)

 

⑥アゴの中心に両方の2本の指の腹を置き、

顔のラインにそって、耳の横のリンパ筋までマッサージします(10回)

同じようにアゴの下に指を置き、

アゴの下の顔のラインにそって

耳横リンパ筋までマッサージします(10回)

 

⑦⑤~⑥で集まったリンパ液を耳横から、

首の横の筋を通り、首の付け根の

鎖骨のくぼみまで流します(10回)

上から下へ必ず流してください。

首の前辺りも同じように上から下へ鎖骨までマッサージします。

 

《最後にとっても重要なマッサージ》

「鎖骨リンパ筋をキレイにする」

特に左鎖骨のリンパ筋をキレイにしなくては、

老廃物が溜まってしまい

マッサージをした意味がなくなってしまうほど重要な場所です。

 

『鎖骨のくぼみのマッサージ』

①肩の付け根近くの鎖骨の一番端っこの

くぼみを右鎖骨なら左指で3秒押し、3秒かけ指を離します。

これを何回か繰り返します。

反対も同じように行います。

 

※特に左の鎖骨のくぼみは良くマッサージしてください。

 

ほうれい線に効果的なリンパマッサージとして

①~⑦を1日1回行う事をおすすめします。

各回数は10回で、①~⑦で1セットとします。

 

無理のない程度にしてくださいね。

最後に「鎖骨のくぼみマッサージ」は必ず行うようにしてくださいね。

 

リンパマッサージを行う上で重要な事は、

リンパを流す方向を間違えない事です。

間違えると意味がなくなってしまいますので、

十分気をつけて行ってくださいね。

 

コメントは受け付けていません。