ほうれい線改善には表情筋を鍛えることが必要

表情筋を鍛える理由

ほうれい線の主な原因は「たるみ」です。

年齢を重ねるうちに自然な老化現象として、

筋肉は衰えてたるんできます。

 

顔の中でもっとも脂肪が付いているのは頬です。

頬の脂肪を支えられなくなると皮膚がたるんで頬の一番下に落ちてしまいます。

この部分には口角からつながる表情筋があるので、

かろうじて脂肪はフェイスラインまで落ちずに支えられるものの、

表情筋に乗っかってしまうためほうれい線ができてしまうのです。

 

肌のハリや弾力は、基底層で肌細胞が分裂して

代謝が繰り返し行われるターンオーバーによって保たれていますが、

そのほかにも理由があります。

 

真皮層には、ネット状に張り巡らされているコラーゲンとエラスチンがあり、

このネットの網目部分ではヒアルロン酸が水分を保持していて、

表皮を下から支えています。

そして真皮層の下には皮下組織があり、

その下には皮下脂肪や筋肉が存在しています。

 

皮下脂肪は外部の衝撃から肌を守る役割をしていて、

筋肉は顔の表情を動かしたり、肌や脂肪を支えています。

 

これらのどの働きが衰えてもたるみが引き起こされます。

その中でも、ほうれい線に一番関わっているのは表情筋と言われています。

それゆえ、ほうれい線を改善するには、

表情筋を鍛える必要があるのです。

 

表情筋とは?

表情筋は約30種類あります。

顔の筋肉は他の部位の筋肉と少し異なり、

骨と皮膚と繋がっているので、

口を開けたり笑ったりなどの細やかな表情を作り出すことができるのです。

 

頬や口元というのは、顔の他の部分と比べると

比較的動かすことが多いのですが、

それでも表情筋をしっかり鍛えるほどの動きはありません。

 

「あの人良くしゃべるなぁ」とか「よく笑うよね」と言われる人でも、

表情筋の2~3割くらいしか使っていません。

そして約7割の方が、日常生活で表情筋のことを意識していないのです。

 

表情筋の衰えは加齢も原因のひとつで、

そのうえ、感情を表に出さない、

笑ったり喋ったりすることが少ないとより劣化してしまうのです。

 

表情筋の役目

表情筋には、それぞれの役割があり、

筋肉の種類によって役目があります。

 

大頬骨筋(だいきょうこつきん)と、小頬骨筋(しょうきょうこつきん)』

・この2つの筋肉は、唇の両端から目尻の辺りにかけての筋肉で、

衰えると口角が下がり老けて見えます。

 

口輪筋(こうりんきん)』

・口元や唇の周囲の筋肉を動かし、

衰えると口元のシワやたるみになります。

 

頬筋(きょうきん)

・上下のアゴの関節から、口の両端に向かって伸びる

口角を動かす筋肉で、衰えると口角が下がります。

 

咬筋(こうきん)

・頬骨からアゴの外側にある筋肉で、

物を噛むときに動く筋肉です。

 

頤筋(おとがいきん)』

・アゴの前面の筋肉で、衰えると

二重アゴやたるみの原因になります。

 

胸鎖乳突筋(きょうさにゅうとつきん)』

・首筋にある筋肉で、衰えると首だけでなく、

顔のたるみにも繋がります。

顔の様々な部分の筋肉により、脂肪を支えハリや弾力を保っています。

バランスが崩れると、脂肪が垂れ、

それを支える筋肉もたるみ、ほうれい線がどんどん深くなっていきます。

 

表情筋の鍛え方

顔の表情筋はちょっとした事で筋力アップできます。

会話するときにオーバーアクション気味に表情を動かす、

硬い物を良く噛んで食べるなど、アゴを使うのも効果があります。

 

口が半開きの方を見かけることがありますが、

半開きだと筋肉が緩んでしまいます。

口をきちんと結ぶだけでも大きな効果があります。

 

また、マッサージやエクササイズなども表情筋を鍛えるのに効果的です。

ただ、顔の皮膚は他の部位の皮膚よりも薄いので、

強い刺激を与えすぎてしまうと逆効果になります。

 

早く効果が欲しいからと、必要以上に強い力でマッサージしたり、

エクササイズの回数を増やしたりすると、お肌を傷つけてしまいます。

決められた回数を守り、正しいやり方で行う事が

ほうれい線の改善に繋がります。

 

表情筋を鍛えることで、小顔になったり、

表情が豊かになったり、二重あごが解消されたりします。

 

ほうれい線には直接関係なさそうですが、

姿勢を伸ばすことは筋肉を鍛えます。

 

立った時だけでなく、座ったときにもきちんとした姿勢は、

見た目がきれいなだけでなく筋肉も鍛えられるのでおススメです。

 

 

コメントは受け付けていません。