ほうれい線予防に頭皮マッサージ が効果的

 

 

頭皮マッサージでたるみを予防できます

「ほうれい線」があると5歳は老けて見えると言われます。

「ほうれい線」は40歳過ぎたころから目立ち始めるのですが、

年齢に関係なく発生します。

 

10代の方でも間違ったスキンケアを行っていたり、

生活習慣の乱れなどでほうれい線はできてしまいます。

その一方、40代、50代の方でも

ほうれい線が目立たないという方もいるのです。

 

なぜほうれい線ができる方と

できない方に分かれるのでしょうか?

 

多少の個人差はあるでしょうが、

やはり「たるみ」が大きな原因です。

そして「たるみ」の改善には頭皮マッサージが効果的なのです。

 

頭皮とほうれい線との関係とは?

顔の血行が低下すると肌細胞に栄養が十分届かなくなります。

そうなると、ネットワークを組んで

お肌の弾力を保っているコラーゲン

エラスチンなどの繊維の生成が遅れたりして、

表皮の新陳代謝が乱れたりします。

 

その結果たるみやくすみが発生します。

そして、たるむことで顔の脂肪を支えきれなくて

ほうれい線が深くなったり、

フェイスラインがぼやけてきたりします。

 

顔の血流を良くするためには、

表情筋を動かしたり鍛えたりすることが必要となります。

 

顔と頭皮はつながっていて、

頭部は心臓の上の人体で最も高い場所に位置しています。

そして血行が悪くなりやすい場所でもあります。

 

「顔の老化は頭皮の老化から始まる」と言われるほど、

頭部が血行不良になると、顔の血行不良にもつながっていきます。

 

顔が血行不良になると、老廃物が溜まるのでむくみます。

そして重力に引っ張られるので、たるんでしまい、

ほうれい線へとつながっていくのです。

ほうれい線を予防する方法の一つに「頭皮マッサージ」があります。

 

頭皮マッサージをおススメする理由

ストレスなどの影響で頭皮は硬くなり、

血行不良になってコッてしまいます。

 

頭皮のコリは顔に下がってきます。

頭皮を揉むほぐす事により、頭皮のコリも解消でき、

血流がよくなるので顔の皮膚の血行もよくなり、

ハリや弾力性も出てきます。

その結果、ほうれい線の予防にもなりますね。

 

【頭皮マッサージのやり方】

お風呂に入って体が温まった時に行いましょう。

お風呂以外で行う時は、クリームなどを使用し

摩擦を減らすようにしましょう。

 

基本的にリンパマッサージになりますので、

上から下へとリンパを流すつもりで行います。

下にいったら上に手を戻し上からまたマッサージします。

 

『頭皮マッサージ』のやり方

1.頭頂部に両方の5本の指先を置き、

 頭を包み込むように置きます

2.そのまま両手の5本の指で頭頂部を押します。

 押して気持ちいいなって感じるところがツボになります。

 押しながら指を少しグリグリすると、皮膚がほぐせます。

 ※ツボ以外の部分もマッサージする事で刺激になるので、

 頭頂部全体を押す感じで行ってOKです。 

 

3.こめかみから後頭部に向けマッサージをします

 ※こめかみには側頭筋があり、表情筋を支えてくれています

 

4.耳の上辺りから頭頂部に向けマッサージします

 

5.耳の後ろから後頭部に向けマッサージします

 ※耳の後ろ辺りのくぼみに頭のツボがあります

 

6.頭と首の付け根を上から下へとマッサージします

 ※襟足のくぼみに首のツボがあります

 

頭皮マッサージ後は、顔のマッサージもお忘れなく

頭皮マッサージの後に、顔のマッサージも行いましょう!

頭皮マッサージで頭皮の老廃物が流れるので、

顔のマッサージの効果もUPします。

一緒に行う事で、たるみも解消できますね。

 

咬筋のマッサージ

1.両頬に人差し指、中指、薬指を当てます。

 その状態で歯をぐっと噛みしめてください。

 少しぷくっと動く部分があると思います。

 それが咬筋の中心になります。

 

2.指を咬筋の中心部に置き、歯を噛みしめるのを止めます。

 

3.3本の指でユックリ優しく押さえながら、

 内側から外側へ円を描くようにマッサージします。

 

頭皮マッサージは手軽に行えて、

髪の毛もイキイキとしてくると評判なんですよ。

 

コメントは受け付けていません。