ほうれい線の消し方におすすめの化粧品 ご紹介

毎日鏡とにらめっこするとき、

ほうれい線が目立って気になりませんか?

 

ほうれい線があるとどうしても老け顔に見えてしまうんですよね。

だけど年だから・・・なんてあきらめていませんか?

 

また、まだほうれい線がなんて年でもないのに

ほうれい線が深くなってきて

年齢より高くみられるなんて経験はないですか?

いやですよね、できることなら消したいのがほうれい線です。

 

だけどできてしまったほうれい線って消せるの?

ほうれい線って年齢を重ねるからできるのでは?と

色々ほうれい線について気になることがたくさんありますが、

ほうれい線はどうしてできるか?、

ほうれい線が目立ってきたらどうやって消せばいいの?

といったお悩みを解決していきましょう。

 

鏡をみてもほうれい線が気にならないように、

いつまでも若々しい顔でいるためにも

正しいほうれい線の消し方を知っていきましょう。

 

ほうれい線はなぜできる?

ほうれい線がなぜできるか知っていますか?

ほうれい線というとおばあちゃんといった

お年を召した方ができるものっていうイメージがありますが、

実はほうれい線は10代、20代でもできちゃうんです!

 

決して年齢をかさねたからできるものではないんです。

まだまだ若いからといって油断してはいけません。

 

まずほうれい線ができる仕組みについてみてみましょう。

ほうれい線ができる原因にはいくつかあって、

一つの原因だけでなく

いくつかの原因が複合してできることが多いんです。

 

まず一つにお肌が老化すると

ハリが無くなってほほの肉が垂れてきます。

水の入った風船をイメージするとわかりやすいですが、

風船の弾力が無くなると下に長細い形になってしまいますよね?

 

お肌も同じで老化によりお肌のハリがなくなると

肉が下に落ちていってしまします。

これが老化によるほうれい線ができる原因です。

またお肌は紫外線に長くあたり続けると

老化が加速するのを知っておきましょう。

 

次にお肌の乾燥があげられます。

普段お肌がカサカサして悩んでいませんか?

実はこれもほうれい線の原因になってしまうんですよ。

 

お肌が乾燥するというのは

お肌の水分が不足している状態です。

土の地面が乾燥するとヒビ割れしてしまうのと同じように、

お肌も水分不足になると小さなシワができやすくなります。

これがほうれい線の原因にもなりますし、

お肌のハリがなくなる原因でもあります。

また最近は生活習慣としてスマホを長時間見る方が増えてきています。

スマホを見るときどんなポーズでみていますか?

スマホを上にあげて見るという人はなかなかいませんよね。

多くの方が下を向いてスマホを見ていますよね。

実はこれがほうれい線の原因になるんです。

 

下を向くとほおの肉も下を向きますよね、

この状態が長時間続くとほうれい線が濃くなってしまうのです。

 

そして普段から表情豊か人というのは、

ほうれい線が深く目立ちやすくなってしまいますので

注意が必要になります。

 

ほうれい線の予防法

できればほうれい線はできてほしくないですよね。

ほうれい線を予防するためにはどうしたらよいか気になります。

ほうれい線の予防法として、

第一に肌の老化を防ぐことが大事になります。

 

老化は自然の摂理だから予防するなんて無理!

なんて思うかもしれませんが、

実は紫外線対策するだけでも

かなりお肌の老化を遅らせることができるんですよ。

 

お肌の老化の原因の8割近くが

紫外線によるものというのですから驚きですよね。

お肌の老化を遅らせるためには

まずお肌の紫外線対策が重要になります。

 

紫外線対策と言えば日焼け止めクリームが浮かびますが、

年齢を重ねるにつれ紫外線による影響が大きくなりますので

普段から日焼け止めクリームでケアしていきましょう。

 

夏だけ日焼け止めクリームを塗っているという方もいると思いますが、

冬の紫外線も侮ってはいけませんよ。

夏も冬も紫外線ケアすることでほうれい線の予防につながります。

 

また生活習慣が乱れていると体の代謝が悪くなり、

お肌のハリやツヤが失われほうれい線のできる原因でもあります。

睡眠をしっかりとって規則正しい生活を心がけるのも大事なことです。

 

ほうれい線は顔の筋肉がたるんでくると深くなってしまいます。

普段からあまり大きく顔の筋肉を動かしていると

ほうれい線ができやすくなってしまいますが、

あまりに顔の筋肉を使っていないと同じように

ほうれい線ができやすくなります。

 

表情筋を衰えさせないように普段から

顔のエクササイズを行うことでほうれい線予防につながります。

エクササイズとまでいかなくても、

ガムをかむだけでも表情筋を鍛えることにつながるので

ほうれい線予防になります。

 

ほうれい線対策

普段からできるほうれい線予防だけでなく、

より効果のあるほうれい線予防をして

なんとしてでもほうれい線を作りたくない!という人には

フェイスマッサージがオススメです。

 

フェイスマッサージと言っても色々な方法がありますよね。

ただのフェイスマッサージだけでなく

ほうれい線に効果のある対策をすることが大事になります。

 

ほうれい線対策のフェイスマッサージですが、

顔のたるみを対策するマッサージが必要になってきます。

たるみは表情筋にとても深く関係していて、

表情筋を鍛えることがたるみ防止、

そしてほうれい線対策にもつながります。

 

また最近はカッサマッサージや

リンパマッサージというのも効果的で人気になっています。

 

でもただほうれい線対策にマッサージが効果的といっても注意してくださいね。

顔のお肌というのはとても薄く、

やみくもにマッサージをしてもほうれい線対策になるどころか、

かえってほうれい線ができやすくなってしまう恐れもあるのです。

 

せっかくほうれい線対策をしていたのに、

逆効果になっていてはショックですよね。

ほうれい線対策にマッサージを行う場合には

正しいやり方で優しくするのがポイントですよ。

 

ほうれい線が目立つ前の対策のほかに

目立ってきたほうれい線の対策としては

メイクで目立たなくすることもできます。

 

ファンデーションでただほうれい線の上から隠すのではなく、

ほうれい線の深さは幅によってもメイクの仕方が変わってくるので、

適切なほうれい線カバーメイクをすることで

だいぶ目立たなくすることも可能ですよ。

 

ほうれい線が目立ってきたからといっても

あきらめることはないのです。

 

ほうれい線にオススメの美顔器は?

最近の美容家電製品の進歩は目を見張るものがあります。

家電売り場やネットで美容電化製品を探すと

とても多くの種類があって、

見ているだけでも使ってみたくなるものがとても多くあります。

 

そんな美容電化製品でもほうれい線対策として

気になるのが美顔器ですよね。

美顔器と一言にいっても多種多様なものがあって、

どれを選べばよいか迷ってしまいます。

 

まず美顔器の主な種類としてレーザータイプ、

イオン導入タイプ、超音波タイプのものから

自分でやるローラータイプと

とっても多くの種類があってどれも試してみたくなってしまいます。

 

だけどほうれい線対策として美顔器を使うとなると、

どれがよいでしょう?

たくさんあって悩んでしまいますよね。

ほうれい線に効果のある美顔器ですが、

リフトアップ効果のあるもの、シワを防ぐ、

またはシワを改善する効果があるものを選びましょう。

 

美顔器にも目的が色々あって得意分野も様々です。

使ってみて試すのが一番なのですが、

手が出しやすい価格から高額なものまで様々あるので、

口コミや実際に使った人の声を参考にするとよいかもしれません。

性能にも差があるので、色々と比較して検討してみましょう。

 

美顔器は1日2日で効果が表れるものではありません。

使い続けていくことで効果が実感できるものでもあります。

最初に高いなと思っても、毎日や毎週使うものとして考えるのであれば、

良いものを長く使ったほうがお得ですよね?

 

長い目で使うことを考えて選ぶことが重要ですよね。

 

ほうれい線と美容皮膚科

どうしてもほうれい線が気になる、

さっさとほうれい線を目立たなくしたいという時には

美容皮膚科に通っちゃいましょう。

 

毎日顔のマッサージや良い美容液を使って

ほうれい線を改善しようと努力していてもすぐには効果が表れません。

または何年も努力しているのに、

なかなかほうれい線が薄くならないという場合もありますよね。

そうしたときは美容皮膚科の

医療的アプローチでほうれい線を改善することができるんです。

 

だけど美容皮膚科でほうれい線対策というと

どのような方法があるか気になりますよね。

美容皮膚科でできるほうれい線対策にはいくつか種類があります。

 

たるんでしまった皮膚をリフトアップする

スプリングスレッドという方法では、

特殊な糸を用いてたるみの気になる箇所を引き上げ、

ほうれい線を目立たなくします。

 

最近化粧品などでも多く使われるヒアルロン酸を

ほうれい線に注射し、真皮の内側から

ほうれい線を目立たなくする方法や、

お肌を活性化してくれるプラセンタを注射する方法、

自分の血液から多血小板血漿を抽出し

皮膚の再生を促すPRP皮膚再生療法という新しい技術もでてきました。

 

美容皮膚科というと高額なイメージがあり、

なんだか行きづらいなと思うかもしれませんが、

長くほうれい線対策をしていても効果の出づらい方や

高い化粧品を使ってもあまり目立った変化がなくて

がっかりするくらいなら、大きな成果を得ることができる

美容皮膚科で施術してもらったほうがお得な場合もあるんですよ。

 

もちろん体質や美容皮膚科によっても大きな差がありますので

信頼できる皮膚科でカウンセリングをしてもらうことが大切になります。

 

ほうれい線に長く悩んでいる方なら、

美容皮膚科でその悩みを解消して若々しさを取り戻しましょう。

 

ほうれい線にオススメの食べ物

普段の食事は私たちの体を作る大事な成分です。

でもその食べ物がほうれい線に効果があるとわかるとどうでしょうか?

私たちが口にする食べ物によって

お肌のツヤはハリをよくするだけではなく、

新陳代謝を上げエイジングケアにも効果が期待でるんですよ。

体の中からほうれい線ケアをするためにも、

食べ物にも気を付けましょう。

 

ほうれい線の改善に良いとされている食べ物ですが、

まず肌のツヤやハリを保つためには

コラーゲンが必要になります。

コラーゲンを含む食べ物ですが、鳥皮や手羽先、豚足や

牛すじ、ふかひれなどがあげられます。

 

ですが毎日食べることができるかというと難しいですよね。

そこは心配しないでください。

毎日大量のコラーゲンを取る必要はないのです。

むしろ大量にこうしたコラーゲンを含むものを食べていると、

コラーゲンといっても脂質でもあるので量には注意しましょう。

 

またコラーゲンだけでなく、ビタミンCも取るように心がけたいですね。

ビタミンCはコラーゲンの生成量を増やすために必要な成分です。

それだけでなく抗酸化作用が強く、お肌の老化を防ぐ働きがあります。

 

ほうれい線は肌が老化し、ほほがたるむことによっても起こります。

体の中から食べ物でほうれい線を消すためにはうってつけなのです。

とはいってもビタミンCも一度に大量に摂取しても、意味がありません。

毎日少しずつを心がけるのがほうれい線を消すためには大切になんです。

 

オススメの化粧品

ほうれい線を消すために普段からできることといえばやっぱり化粧品ですよね。

毎日洗顔のあとやお風呂の後に使う化粧水やクリーム、

美容液でほうれい線を消すのに効果のあるものを選びたいけれど、

とっても種類が多くてどれを選べばよいか迷ってしまいますよね。

 

またお値段も高いものから手ごろなものまで

ほうれい線を消すための効果アップと明記されているものもありますが、

買ってみて効果がなかったら後悔しますよね。

 

ではほうれい線を消すために効果的な化粧品といえば

どのようなものがよいのでしょうか。

 

ほうれい線に効果のある化粧品は

まずこれ以上ほうれい線を作らないようにするために

保湿力の高いもの、そして今あるほうれい線を消すために

お肌のツヤやハリに効果のあるものを選ぶ必要があります。

 

そして外につけていく化粧品は

UV効果のあるものを選ぶとほうれい線の原因の一つである

紫外線対策に効果があります。

 

でも注意してくださいね。

いくらほうれい線を消すのに効果が高い化粧品を買ったとしても、

高額で続けられないものを選ぶと

結局続かなくて効果が出なかったということになりかねません。

 

少し安くても毎日適切な量を使えるものを

選ぶことがとても大事ですよ。

2,3日でほうれい線を改善する化粧品はありません。

長く続けられるものが結果ほうれい線に効果があるんです。

 

オススメの化粧品

  敏感肌ならアヤナス

 

 

 

 

 

 

敏感肌専門のポーラ・オルビスが提供するアヤナスなら

特許技術の「ヴァイタサイクルヴェール」が

お肌のバリア機能をカバーします。

 

肌表面に膜を張り、セラミドの4倍の浸透力を持つ

セレミドナノスフィアが徹底保湿します。

敏感肌はお肌のバリア機能が弱いので、

外部の刺激に弱くて角質が荒れやすくなります。

 

またコラーゲンも同時に破壊されてしまうので、

小じわができやすく、お肌のハリや弾力も損なわれてしまいがちです。

敏感肌の土台を立て直し、世界をリードするポーラ研究所が

厳選した最新のエイジングケア成分を配合して

年齢を重ねても潤いのあるお肌へと導いてくれるのです。

 

 

 

  ハリと潤いならアスタリフト

 

 

 

 

 

 

写真フィルムはコラーゲンが原料の半分を占めています。

お肌の主成分もコラーゲンですね。

 

写真を美しく残すために長年コラーゲンのメカニズムを研究してきました。

紫外線などの外部からのダメージに負けない、

劣化しないコラーゲン研究を化粧品に生かしています。

 

ヒト型ナノセラミドは、人のお肌にあるセラミドと

まったく同じ型のヒト型セラミドをナノテクノロジーでナノ化したものです。

世界最小のヒト型ナノセラミドは、

セラミドが不足したお肌の隅々まで浸透していって潤いを与えてくれます。

 

活性酸素を消去する「抗酸化作用」を持つ成分として

今最も注目されているアスタキサンチンが

高濃度で配合されている化粧品は、赤が特徴的です。

 

 

  ドクターズコスメならアンプルール

 

 

 

 

 

 

皮膚科医として勤務しながら、お肌の悩みが解消されて

「きれいなお肌」になった女性が自信を持ち、輝いていくのを見てきて、

「シミに効果的、かつ安全で使用感のいい化粧品を作りたい!」と

いう思いから開発された化粧品がアンプルールです。

 

再生医療の現場で注目される「GF(成長因子)」と、

「植物幹細胞」のコンビネーションに「セルフメンテナンスペプチド」を

配合したアンプルール独自の「セルアクティベートW フォーミュラ」が

ハリの根源へとアプローチします。

 

また「新安定型ハイドロキノン」がメラニンを

時間差で攻撃していくので、頑固なシミにもアタックしていきます。

 

 

ほうれい線の消し方には、エクササイズ・マッサージ・化粧品など

いろいろな方法があります。

たくさんありすぎて迷ってしまうほどです。

 

自分の肌質、悩みの内容を理解したうえで、

ほうれい線の悩みを解消していけるといいですね。

 

コメントは受け付けていません。